外資系転職に参考になる本

外資系へ転職をお考えの方に参考になる本を紹介します。
若者よ、外資系はいいぞ [Kindle版]

単に外資系の良さだけではなく、客観的視点で外資系を評価している本です。外資系で働くメリット、デメリット、必要とされる資質などを知ることができます。 外資系で働いている自分をイメージできるか、できないかの判断材料になるかもしれません。

読後に、やっぱり外資系へ行こうか、それとも日系企業がいいなあ、と思う人もいるかもしれません。就職活動中の学生や、転職をお考えの方におすすめの一冊です。

¥ 190 (Kindle版)

【若者よ、外資系はいいぞ [Kindle版]】を詳しく見る>>>

外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問

外資系企業(すべての外資系ではりません)の採用面接で出題されると思われる脳トレ系のクイズが、60題紹介されています。

外資系企業はどのような設問を通じて、どのような頭脳の持ち主を求めているのか、そのことを知ることができます。

一見すると、単なるパズル本のように見えますが、頭の体操と思って読んでみるとか、外資系の面接の中にはこんなやり取りをするところががあるのか、と参考までにお読みください。
¥ 1,543 (単行本)

【外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問】を詳しく見る>

戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策

マッキンゼーなどコンサルタント系会社の面接で出題される問題と解答の定石が書かれています。コンサルタント系会社以外の業界で働いている方も、実際の仕事でここまで調べて考えれば 直面している問題の半分以上は解決するかもしれません。

事例についてどう考え、どう論理を展開していくかが書かれており、ケーススタディの入門書としても最適です。 就職の面接対策としても勉強になります。

¥ 2,160 (単行本)

【戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策】を詳しく見る>>>

外資系はつらいよ[Kindle版]

外資系金融機関に勤めるようになったOLが、外資系ってこんなところ、と漫画で紹介しています。
まあ、ほかのすべての外資系がこんな雰囲気である、と思われるのは間違いですが、外資系には こんな一面があるのは確かです。気楽に読める本です。

価格: ¥ 534 (Kindle)

【外資系はつらいよ】を詳しく見る>>>

このページの先頭へ