外資系コラム1:ノックは2回以上?

今日は、ちょっとあまり外資系転職に関係ない、どうでもいいようなお話をします。

それはノックのお話。

日本ではなぜかドアノックはおおむね2回と決まっています。

ところが、

欧米では2回以上。

2回でおしまいということはありません。

日本のドラマなどテレビを見ていて、いつもこの2回ノックが気になります。

なぜ、そんなことが気になるのか。

それは、

欧米では2回ノックは忌み嫌われていたからです。

なぜ、2回ノックは嫌われたのか。

それは、

2回ノックは「物乞いノック」と言われていたからです。

「beggar's knock」

よって、例えば、
他人の家を訪問してドアをノックするときは、
必ず2回以上ノックをします。

日本ではノックはほとんど2回。

こんなことが気になるのは僕だけかもしれません。

でも、洋画などを見るとき気をつけているとわかります。

ノックは2回以上。

あなたが外国へ行って、友人宅を訪問するとき、
ドアは必ず2回以上ノックしてください。

今でも欧米では気にする人は気にしていると思います。


このページの先頭へ