外資系転職の年齢

外資系へ転職する場合、考えなければならないのが年齢です。どういうことか?外資系は昇進の速度が速く、40歳そこそこで副社長、45歳ぐらいで社長になる人が大勢います。要するに外資系では社員の平均年齢が低いということです。そうすると、年齢が進むに従って、外資系のへの門はだんだん狭くなってきます。

若ければ若いほど良い外資系への転職

あなたに売り物のキャリアがないのにどうしても外資系へ転職したいと思うなら、なるだけ早く転職することです。年齢が上がるにつれて、あなたに求められるものは高度になっていきます。
今、あなたににはどんなセールスポイントがあるのか、そして、それは当該外資系が求めているものと一致するのか、また、それを証明できるか。それができれば、あなたは堂々と外資系の門をたたくことができます。

キャリアがなければ遅くとも30歳まで

一般職、例えば、経理などどこの会社でも必要な職種の一般的なスペシャリストなら、転職の可能性は大いにあります。ただその場合でも、遅くとも30歳ぐらいまでを目標にしましょう。それ以上になれば、役職がつくようなポジションでなければ転職はきつくなります。

一般職の転職は35歳まで

上の述べましたように、あなたが確固とした専門職としての経験や知識があって、どうしても外資系へ行きたいと思っても30歳以上だと外資系への転職は難し区なってきます。もちろん、あなたに何か特殊な、どうしてもその会社に必要な特技があれば別ですが、どの会社にでもあるような特技であれば、年齢が上がるに従って転職は難しくなります。とはいうものの、どこの世界でも可能性が0ということはありませんので、トライする価値はあります。それでも、最高で35歳ぐらいまでしか可能性はないと思った方が良いと思いまっす。

40歳以上はヘッドハンターの世界

あなたが40歳を過ぎていて、何かありふれた職種での外資系への転職でしたら、上に述べたようにかなり難しいということが言えます。なぜなら、最初に書いたように、外資系は平均年齢がとても若く、40歳以上での世間一般の仕事での外資系への転職はもう無理と言っても過言ではありません。
40歳過ぎていれば、もうヘッドハンターに引っかかる人物でしか外資系には採用してもらえないと思った方が無難です。要するに、この年になれば高い地位の幹部しか思ったような仕事は見つかりません。

50歳以上はトップだけ

50歳以上で外資系へ転職できるのはトップに収まる人材だけです。でも、万が一50歳を過ぎてクビになった場合はどうするんだ?という疑問がわくと思います。ところが、外資系の世界で面白いのは、一度高い地位まで行くと、たとえその会社をクビになったとして、また、他の会社のトップあるいはトップマネジメントとして迎えられる可能性があるということです。そうなんです。外資系は敗者復活ができるんです。
それ以外の一般職での50歳以上の人材だと誰も相手にしてくれない。残念ながらこれが外資系の世界です。