外資系の人事部の役割

日系会社の人事部は、社員の採用、昇進、昇給、人事異動など、人事に関するすべてにかかわっていて大きな役割を果たしています。一方、外資系の人事部は ちょっと違うところがあります。大きな違いは:

外資系の人事部には人事権がない

日本の会社の人事部と外資系の人事部との大きな違いは、外資系の人事部には人事権がないということです。どういうことかというと、各社員の人事権は各社員の上司にあるということです。

 

例えば、あなたの人事権はあなたが所属する部門の長にあり、部長はその上の本部長の了解のもとあなたの昇給、昇進、移動を決めることができます。 要するに、あなたの生殺与奪の権利はあなたの上司が握っている。ある意味怖いことです。

事部は昇進・昇級にも関知しない

外資系では、社員の昇進や昇給などは、あなたの上司がそのまた上の上司と相談して決めていきます。人事部は決定したことの事後処理をするだけです。

 

日本企業の場合はこれらのすべてに人事部が絡んできますから、日本企業の人事部の権限はとても大きいということが言えます。

.外資系の人事部は社内の組織変更にも関知しない

会社は折にふれて社内組織を大きく変更したりしますが、これにも人事部は絡んできません。例えば、営業本部内の組織変更でしたら、営業本部長が 最終決定をします。ここでも人事部は事後処理をするだけです。ということで、一般的に、外資系の人事部の組織は少人数で運営されています。

とはいうものの

そうはいっても、あなたが外資系へ入社しようとすると、まず、人事部の選考に合格しなければなりません。新人採用の流れは、社内から採用の依頼が人事部に来て、人事部は候補者を探し、 その人材を依頼した部門に推薦します。よって、入社するときの最初の関門は人事部というのは日本の会社と同じです。

 

その後、当該部門で面接などをして採用を決定します。この最終決定に人事部は関知しません。事後処理をするだけです。入社試験を受けるとき、最後に面接をする幹部社員があなたを採用するかどうかを最終決定する、ということを覚えておいてください。

各部門の長が人事権を持つと

部下を持つ部門の責任者に人事権があるということは、人事部を通すという通常の人材採用の流れとは違った採用が行われることがあります。

 

どういうことかというと、自分が気に入った人を人事部を通さずに採用するということです。例えば、自分の部に出入りしているサプライヤー(業者)の一人を 気に入り採用させてしまう。
あるいは、極端な話ですが、ある外人幹部は自分が出入りしていたカフェの外人女性を自分の秘書として採用した、という話もあります。
まあ、最近はこのような採用の仕方は減ってきてはいますが、このようなことが起こるのが外資系けです。