外資系転職で幸せになる方法

あなたは、まさか、外資系へ行く人は
    何か特別な人だ、と思っていませんか?

外資系転職をお考えのあなたへ

偶然にも外資系へ入社してしまったった僕ですが、最初から就職先として外資系を狙っていたわけではありません。 マーケティング関係の仕事をしようと思っていましたが、外資系は全く頭にありませんでした。

ただ、中学のころから映画が趣味で、なかでも洋画を見まくっていましたが、それで英語には少なからず興味を持っていました。 その点が外資系へ就職した遠因と言えばいえるかもしれません。

もちろん最初は日本企業との違いにどぎまぎしましたが、慣れるにしたがってこんなにも働きやすいところかと うれしくなりました。

あなたも外資系を目指してみませんか?それには、まず、”外資系”をよく知ることです。 長年ある有名外資系で働いてきた私が、外資系転職の道案内をさせていただきます。

外資系には日系企業にない特徴があります。まず、それらを理解しましょう。詳細はこのサイトの中でお話していますが、 主なものは:

  • 外資系転職は日系企業への転職とはちょっと違ったところがあります。
  • 外資系は厳しいという印象を持っていませんか?
  • 外資系は実力主義で力がないとどんどんリストラされると思っていませんか?
  • 外資系は高い英語力が必要と考えていませんか?
  • 要領がわかれば、ある意味、外資系は日系企業より楽です。
スポンサードリンク

外資系の主な長所は?

若くても、女性でも思いっきり活躍できる外資系

外資系の主な長所を挙げると:

  • 年齢、性別、学歴による差別がない。
  • 日本の会社より結果が早く出る。
  • ということは若くして高い年収も可能。
  • 周囲に遠慮なく長期休暇が取りやすい。
  • プライベートなことに会社は干渉しない。
  • いばりくさった上司や先輩が少ない。
  • 出張旅費に余裕がある。
  • 事務所がきれい。
  • 仕事以外で呼び出されることはない。

外資系の主な短所は?

会社によって違いがありますが主なものを挙げるとすると:

  • あっさり昇進もするし降格にもなる
  • 赤字だとさっさと撤退することがある。
  • 業績が良くてもリストラすることがある。
  • 本社の都合で支社でも売却することも。
  • 個人的にはぜいたく病になる可能性が。

人気の外資系転職サイト・人材紹介会社

外資系への転職は転職サイトを利用するのが早道です。なぜなら、そもそも日本における人材紹介会社(転職サイトを運営しているいる会社)は 外資系へ人材を送り込むことからスタートしているからです。やがて日本の会社も人材紹介会社を利用して人材を募集するようになりましたが、 外資系と人材紹介会社はともに歩いてきた長い歴史があります。ここでは外資系転職に人気の転職サイトを紹介します。

1.外資系専門転職サイト - 外資転職.com

■外資転職.comとは
外資系企業への転職を希望している方のための求人・転職サイトです。グローバル企業からベンチャー企業まで、ミドルマネジメントクラスや業界スペシャリストポジションを中心に、 シニア、エグゼクティブクラスまで幅広い求人を紹介(外資転職.comはJAC Recruitmentが運営しています)。
■外資転職.comが提供するサービスは
あなたの市場価値を正しく評価し、最適な会社を紹介することに努めている。

詳しくは>>>外資系専門転職サイト - 外資転職.com

2.パソナキャリア

『パソナキャリアの正社員転職サポート』は、親身なキャリアカウンセリングと豊富な転職情報を無料で提供し、 あなたのキャリアアップや自己実現をサポートしている。
あなたの経歴や希望を登録していただくと、パソナキャリアの転職アドバイザーが、あなたの経歴や希望に基づいて、適職を探します。

パソナキャリア

3.リクルートエージェント

■リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
■リクルートエージェントの3つのメリット
1.強みを発見:キャリアアドバイザーが、面談を行う中であなた自身がまだ気づいていない強味を発見します。
2.非公開求人の紹介:転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。
3.企業へのアピール:職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。

詳しくは>>>【リクルートエージェント】

4.アデコ

20代の方、第二新卒の方や初めての転職に強い転職エージェントです。 アデコ株式会社は、世界60カ国および地域に5,500拠点と31,000人の社員を有する人材に関するあらゆるサービスを提供する、 総合人材サービス企業のアデコグループ(本社:スイス)の日本法人です。要するに外資系の転職エージェントです。

アデコ転職支援

5.英語・外資系転職に強い人材紹介会社[JAC Recruitment]

【JAC Recruitment】は外資系企業や英語人材に強い人材紹介会社です。専門性の高い転職ならJAC Recruitmentがおすすめ。

外資系に精通した転職のプロが、あなたにピッタリの転職先をアドバイスします。あなたの大事な人生を左右する転職には確かな人材紹介会社を選びましょう。 外資系転職特集(提供:JAC Recruitment)

お断り

これから私がお話することは、すべての外資系に当てはまるとは限りません。一口に外資系といっても、職種、業種、社歴 出身国などにより大きく性格が違うからです。

このサイトは主にアメリカ系の外資系を念頭にご案内しています。また、転職は自己責任でお願いします。

最新情報

2017年02月08日
ニュース
サイトをリニューアルしました。まだ、ところどころ修正中です。
2016年04月24日
更新情報
外資系コラム1 :ノックは2回?」を追加しました。
2016年04月11日
更新情報
外資系の人事部の役割」を追加しました。

このページの先頭へ