外資系転職は転職エージェントへを利用しよう

外資系は転職エージェントを利用して人材を集めてきました。そのために外資系と転職エージェントは切っても切れない間柄です。 よって、外資系へ転職する場合は転職エージェントを利用するのが早道です。

転職エージェントは人材紹会社が運営

転職エージェントは人材紹介会社が運営しています。というのも、転職エージェントは職業紹介事業ですから、厚生労働大臣から認可を受けた斡旋を目的とした人材紹介事業になり、 転職エージェントを運営するには、人材紹介業の許可が必要になるわけです。(言葉には流行があり、以前は転職エージェントとはあまり言わないで、人材紹介会社と言っていました。次に、インターネットが普及するに従い、転職サイトという言葉が一般的になり、そして、今は転職エージェントという言葉が多くなってきています。この三つの言葉は、使い分けている人もいますが、あまり区別はありません)。

外資系とともに発展してきた人材紹介業

戦後の昭和20年代後半から30年代にかけて、ぞくぞくとグローバル企業が日本に進出してきました。 ところが、そのころは外資系で働きたいという人は非常に少なく、 また、転職も一般的ではない時代です。 外資系企業の人材確保は難しく、そのために、在日米軍基地で働く日本人従業員を多くの外資系が採用しました。

 

しかし、外資系企業が本当に欲しかったのは、ビジネス経験がある日本人です。このような背景のもと、日本で初めての人材紹介会社ができ、以来、 外資系は転職エージェント(人材紹介会社)と 二人三脚で人材を確保し発展してきました。

 

そして、今は外資系会社はどこも懇意にしている転職エージェント(人材紹介会社を持っています。そんな外資系へ入るには、転職エージェントを通じるのが早道だ ということはお分かりいただけると思います。

外資系の採用方法

外資系では人の出入りが多く、常に人材の補充をしています。あるポジションで空席ができると、すぐにその仕事の スペックにあった人を転職エージェント(人材紹介会社)を通して採用します。

 

一挙に何十人という採用の仕方をしないわけですから、広告も打てなくて、必然的に転職エージェント(人材紹介会社)を利用することになります (まれに多くの社員を募集することもあります)。

外部に漏れない求人情報がある

ということは、ほとんど外部に漏れないで人材募集、採用という流れで終結してしまいます。結果的に転職エージェント(人材紹介会社)しか知らない 外部に漏れない求人があるということです。そのためにも、転職を考えている場合は転職サイト(人材紹介会社)へ登録しておく必要があります。

今すぐ転職しなくても

今、希望の求人が無くても転職エージェント(人材紹介会社)に登録しておくと、突然オファーを受けることもあります。

あなたの市場価値は?

また、転職エージェント(人材紹介会社)に登録しておくと、ときどきオファーが舞い込んできますので、あなたの商品価値を知ることになります。 また、転職エージェント(人材紹介会社)ではさまざまな相談にのりますから、あなたのキャリアアッププランなどのコンサルテーションを受けることもできます。

外資系転職は転職サイト・エージェントを利用しよう記事一覧

転職サイト(人材紹介社)を通して転職する場合、どんな点を気をつけなければならないのでしょうか。それは、まず、自分の意思をしっかり持ち、人材紹介会社の言いなりにならないようにすることです。また、 人材紹介会社は登録者を転職させなければ、一文にもなりませんから、あなたに向かない会社へ転職させられる可能性がないとは言えません。そこで、転職サイト(人材紹介会社)は確かな会社を選びましょう。そのために、人材...

数多くの転職サイトや転職エージェンシーの中から外資系転職に強いサイトやエージェンシーだけを選んで紹介しています。掲載の順番は人気順ではありません。当サイトは根拠のはっきりしない人気ランキングなどは無視しています。